オルニチンとタウリン配合のサプリメントやそれぞれの効果の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
サプリ

オルニチンタウリン、どちらも肝臓にいい成分の代表として知られていて、二日酔い対策などにもよく用いられます。タウリンは有名な栄養ドリンクに含まれていたり、CMでもよく耳にしますが、オルニチンも最近注目されている成分です。

どちらも肝臓にいいといってもそれぞれどのような違いがあり、どのように作用してくれるのでしょうか?

ここでは、それぞれの肝臓への働きや含まれる食品、オルニチンとタウリン配合のサプリメントなどについてご紹介していきます。

オルニチンとタウリンの効果の違いは?

タウリンとオルニチン

オルニチンやタウリンはどちらも肝臓を元気にしてくれる効果がありますが、それぞれが違ったメカニズムで働きかけてくれます。

オルニチンの働き

オルニチンは肝機能を高めてくれることで、二日酔い予防や疲労回復などの効果があるアミノ酸として注目されています。

肝臓にはアンモニアなどの有害物質を代謝する働きがありますが、オルニチンを摂取することでその代謝経路であるオルニチンサイクルが活発になり、肝臓をサポートしてくれます。

また、お酒を飲む時に血中アルコール濃度が上昇してしまうのを抑えてくれる効果があることが動物実験からわかっています。

>>オルニチンの二日酔いに対する効果についてはこちら

その他の効果

オルニチンの肝臓への効果以外には、

などの効果が期待されています。

タウリンの働き

 タウリンの場合は、肝臓でつくられる胆汁酸の分泌を促してくれる効果があることから、肝機能を高めるだけでなく、コレステロール値を下げてくれる効果も期待できます。

ちなみに、ウコンに含まれるクルクミンにもこれと似たような作用があります。

胆汁酸をつくるためにはコレステロールが必要となります。そのため、タウリンによって胆汁酸の分泌が促されることによってコレステロール値が低下するのです。

また、タウリンには

  • 肝細胞を再生する
  • その細胞が壊れてしまわないように細胞膜を安定化させる
  • アルコールを分解するための酵素をサポートする
  • 中性脂肪を肝臓から排出することで脂肪肝を改善する

といった働きによって肝臓をサポートしてくれます。

実際にタウリンを摂取することで急性肝炎が改善されたという例も報告されています。(参考:The effect of taurine administration on patients with acute hepatitis.

その他の効果

タウリンの肝臓への効果以外には、

  • うっ血性心不全の改善
  • 動脈硬化・高血圧予防
  • インスリンの分泌によって糖尿病を予防
  • ダイエット効果

といった効果も期待されています。

オルニチン・タウリンを含む食品・サプリは?

魚介類

このように、オルニチンとタウリンはどっちが効果的なのか?ということではなく、それぞれが違った働きをすることで肝臓をサポートしてくれます。

そのため、オルニチンとタウリンのどちらも摂取するのが理想的です。

オルニチンを含む食材としてはしじみやきのこ枝豆などがあります。

タウリンは主に魚介類などから摂ることができます。

食品 100 gあたりのタウリン含有量
タコ 900~1670 mg
サザエ 1500 mg
ホタテ 670~1000 mg
牡蠣 70~1180 mg
イカ 700 mg
しじみ 32 mg

 

このように、しじみにはオルニチンもタウリンもどちらも含まれていて、肝臓に優しい食品と言えます。ただ、貝類では牡蠣やホタテなどに圧倒的に多く含まれています。

※基本的にタウリンを食事から過剰摂取してしまう心配はあまりありませんが、サプリなどで過剰に摂ってしまうと副作用の可能性があるため注意しましょう。また、肝臓に疾患がある場合はこれらの食材に含まれる鉄分によって症状が悪化してしまう可能性があります。

※アスピリンなどタウリンと飲み合わせの良くない薬もあるため、薬を使用中の場合は医師に相談するようにしましょう。

サプリメントが効率的

タウリンの1日の摂取量として500 mgが目安となりますが、オルニチンに関しては食品から必要量を摂取することは難しく、また魚介類を毎日食べることでコレステロール過多になってしまったり、プリン体が気になってしまうというデメリットがあります。

オルニチンやタウリンを毎日効率的に摂取するためには、サプリメントの活用をおすすめします。

オルニチンとタウリンの両方を摂ることができるサプリメントとしては、「レバリズム-L」というサプリメントがおすすめです。

レバリズム-Lにはオルニチンの豊富なしじみやタウリンの豊富な牡蠣を使っており、その他にも肝臓にいいとされる成分がいくつか配合されています。

>>レバリズム-Lの詳細はこちら

まとめ

オルニチンとタウリン、どちらも肝臓を健康的にするためには効果的と言われている成分ですが、それぞれが違った働きをすることで肝臓をサポートしてくれます。

それぞれはしじみなどの魚介類に含まれていますが、毎日必要量を食事から補うことは難しく、効率的に摂取していくためにはサプリメントを活用することをおすすめします。

人気No.1 協和発酵バイオのオルニチン

医療品原料メーカーである協和発酵バイオが開発した、高品質・高含有のオルニチンサプリです。

5年連続売上No.1、利用者数180万人突破の人気サプリで、今なら500円(税込)&送料無料で試すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*