しめじのオルニチンはしじみの7倍!?驚きのきのこパワー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オルニチンを豊富に含むきのこ

肝臓を元気にしてくれる効果があり、二日酔いから疲労回復、美容までサポートしてくれる成分として注目されているオルニチンですが、普段の食事からなかなか必要摂取量を摂るのは難しいとされています。

オルニチンを含んでいる食品としておそらく一番有名なのがしじみで、よくオルニチンのサプリなどにも使われています。しかし、そんなしじみよりもオルニチンを豊富に含んでいる食材があるんです。

それがしめじやえのき、エリンギ、ブナピー、しいたけ、マイタケなどのきのこで、なんとオルニチンの量がしじみの7倍にもなるものもあるんです。

きのこはオルニチンがしじみより豊富!?

オルニチンと言ったらしじみというイメージがある人も多いと思うので、この結果はかなり意外に感じてしまいますよね。ただ、きのこ類の中にはかなりオルニチンが豊富なものもあり、しめじに関してはしじみの7倍も含まれているという結果となりました。

それぞれの食品の100 gあたりのオルニチン含有量をまとめた一覧表が以下になります。

食品オルニチン量(/100 g)
しじみ20 mg
ぶなしめじ140 mg
ブナピー110 mg
霜降りひらたけ50 mg
エリンギ30 mg
マイタケ10 mg

参考:ホクト(株)きのこ総合研究所調べ

他にも、しいたけ、アガリクス、エノキタケ、本しめじなどのきのこにも豊富に含まれています。

特に甘シャキえのきはオルニチンが豊富

そんなオルニチンが豊富なきのこの中でも、「甘シャキえのき」というきのこは、野生種のえのきに近く、オルニチンが123〜149 mg/100 gも含まれています。

さらにその甘シャキえのきを乾燥させたものは生の甘シャキえのきに対して約10倍もオルニチンを含むとも言われています。つまりしじみの70倍近くにもなるという驚異的な数字になるのです。

甘シャキえのきはその名のとおり、甘くてシャキシャキしているえのきで、お味噌汁に入れたり、オルニチンの豊富なヒラメと合わせたりと料理に使いやすいという点もうれしいところです。

きのこにオルニチンが多いのはなぜ?

きのこにはグルタミン酸という物質が含まれていて、このグルタミン酸がリラックス効果のあるGABAという成分やオルニチンの前駆体となるため、きのこにはGABAやオルニチンが多く含まれていると考えられています。

きのこでオルニチンを摂ることのメリット

しじみを食べることによってオルニチンを摂ることができるだけでなく、オルニチンと同様に肝臓にいい成分であるタウリンなどの栄養素も摂取することができるというメリットがあります。

ただ、きのこを食事に取り入れることによって、しじみよりも効率的にオルニチンを摂取することができたり、GABAやオルニチンなどのアミノ酸以外にもいくつかの体にいい栄養をたくさん含んでいるというメリットがあります。

それに、しじみよりきのこの方が料理に使いやすいということもあります。しじみは下準備が若干手間に感じてしまったりしますが、きのこはアレンジもしやすくクックパッドなどでも様々なレシピを見つけることができます。

きのこ料理

ビタミンやミネラル

きのこを食べることによってビタミンやミネラルも一緒に摂ることができます。きのこには、肌荒れや疲労回復に効果があるビタミンB1、ビタミンB2、カルシウムの吸収をサポートしてくれるビタミンDなどが含まれ、特にマイタケには多くのビタミンが含まれています。

しいたけなどは天日干しすることでビタミンDが増えることで有名ですよね。

また、きのこはカリウムなどのミネラルも豊富で、むくみなどで悩む女性としても嬉しい栄養です。

食物繊維

他にも、きのこ類には食物繊維を豊富に含んでいるという点も評価できます。実はエリンギやしめじの食物繊維はレタスやキャベツよりも多く、便秘に悩む方や糖尿病、成人病防止、動脈硬化防止、高血圧予防、糖尿病予防をしたいという方にとっては積極的に摂りたい食材でもあります。

 

その他にも、きのこはカロリーが低く、βグルカンという免疫力アップやガンの予防があるとされる成分も含んでいます。

オルニチンを必要摂取量きちんと摂るには

これだけオルニチンを豊富に含むきのこですが、実際にオルニチンの効果を得るために必要な摂取量は、1日に500~1000 mgと言われています。そのため、きのこを活用したとしても、なかなか摂取量をクリアするのは難しいのです。

そこで、きのこで様々な栄養を摂りつつ、成分が凝縮されたサプリメントで足りないオルニチンを補うという方法が理想的です。

>>おすすめのオルニチンサプリはこちら

まとめ

肝臓を回復してくれるオルニチンを含む食材は意外にもしじみよりもきのこの方が豊富に含んでいるのです。しじみもタウリンなどを含んでいるため健康にいいのですが、きのこの方がよりオルニチンを多く摂ることができ、他にも色々な体にいい栄養を含んでいます。

ただ、効果を実感するために必要なオルニチンを効率的に摂っていくためには、サプリメントを活用することをオススメします。

人気No.1 協和発酵バイオのオルニチン

医療品原料メーカーである協和発酵バイオが開発した、高品質・高含有のオルニチンサプリです。

5年連続売上No.1、利用者数180万人突破の人気サプリで、今なら500円(税込)&送料無料で試すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*