オルニチンのストレス軽減効果がすごい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
メンタルストレス

現代ではストレスを感じている人も多く、ある調査では働いている人の8割以上の人がストレスを感じているという結果も出ています。

しじみなどに含まれるアミノ酸の一種であるオルニチンは疲労回復や2日酔い対策として注目されている成分ですが、このオルニチンを摂ることで精神的なストレスも軽減されるということが判明しています。

ストレス解消法としては色々な方法がありますが、まずはオルニチンを摂ることで内側からストレスを軽減するということも有効です。

オルニチンのストレス軽減効果

健康な男女を対象にした実験で、あるグループはオルニチン2400 mgを摂取し、もう一方のグループはプラセボとしてオルニチンの入っていないものを摂取し、比較したところ、オルニチンを摂取したグループは精神的疲労感が軽減されていたという結果となりました。

ストレスを感じた時に分泌される唾液中コルチゾールの分泌量を比較したところ、オルニチンをとったグループはプラセボのグループに比べて分泌量が下がっていたのです。

特にオルニチンを摂取した翌朝のストレスの差が明らかで、オルニチンサプリを使ってから目覚めが良くなったという口コミもこれと関係しているのかもしれません。

(参考:久留米大学 津田彰ら、オルニチン研究会)

なぜメンタルストレスが軽減されたのか?

このように、オルニチンは肉体的な疲労だけでなく、精神的なストレスを軽減する効果も示唆されているのです。では、なぜオルニチンでメンタルストレスが緩和されたのでしょうか?

実はこのメカニズムについてはまだ研究途上で、オルニチンサプリで有名な協和発酵バイオの西村明仁氏によると、肝臓とは違った部分が原因でストレスが軽減されたという可能性があるといいます。

ストレスは肝臓の負担に!?

精神的なストレスから発症してしまう病気の症状としては、自律神経失調症やうつ病、胃痛、不眠症などがあり、ストレスが原因で生活に支障が出てしまうこともあります。

ただ、ストレスはそれだけでなく、肝臓の負担になってしまうということはあまり知られていません。

ストレスによって交感神経が刺激され、筋肉が緊張してしまうことで内蔵に送られる血液の量も少なくなってしまったり、ストレスによって分泌されるノルアドレナリンというホルモンが増えることで肝臓にとって負担となってしまうのです。

肝臓への負担を減らすことが大切

このようにストレスがためることで肝機能が低下し、疲労がたまってしまったり、肌が荒れてしまうといった悪循環が起こってしまい、脂肪肝などの原因にもなりかねません。

肝臓を休ませるための休肝日として、半身浴をしてリラックスしたり、自分なりのストレス解消法をもっておくことが重要となるのです。

オルニチンを摂取しよう

このように、ストレス軽減のためにも、ストレスによって弱った肝臓を健康にするためにもオルニチンが有効です。

オルニチンを摂るには、しじみやきのこ枝豆などを積極的に取り入れていきましょう。また、メニチオンという肝臓にいい成分を含み、精神的な不安や不眠を改善してくれる効果のあるセロリもオススメです。

ただし、食品だけからオルニチンを必要量補うのは現実的にはなかなか難しいのが現実で、サプリメントで不足分を補っていく必要があります。

>>おすすめのオルニチンサプリはこちら

まとめ

オルニチンの効果は肉体的な疲労の回復だけでなく、メンタルストレスも軽減してくれるということが判明しました。

睡眠の質が悪い、慢性的なストレスに悩まされている、などの場合は注意が必要で、この多くの人が抱える悩みであるストレスを軽減するため、またストレスによって弱ってしまった肝臓をいたわるためにも積極的にオルニチンを取り入れていきましょう。

オルニチンランキング第1位サプリ

オルニパワーZnプラス

ステラ漢方の「オルニパワーZnプラス」は、オルニチンの含有量が業界トップクラスで(800mg)で、さらに

  • 活力をサポートする亜鉛(Zn) 12mg
  • 赤い成分のアスタキサンチン

も配合されています。

期間限定で初回980円(税込)&送料無料で試せる特別キャンペーン中です。

※安心の30日間返金保証も付いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*