オルニチンはホタテやハマグリにも含まれている?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ホタテ

肝臓にいいと言われるオルニチンはしじみに含まれていることで有名ですが、他にもオルニチンが含まれる食材はいくつかあります。

同じ貝類であるホタテハマグリもタウリンや他のアミノ酸、タンパク質を含むことから肝臓にいい食品として知られていますが、果たしてオルニチンは含まれているのでしょうか?

ここでは、ホタテやハマグリに含まれるオルニチンやオルニチン以外の栄養素についてお話していきます。

ホタテやハマグリにもオルニチンは含まれる?

ハマグリ

ホタテやハマグリ、あさりなどの貝類にもオルニチンは含まれていますが、実はその量はほとんど含まれていないといっていいほど少なく、不思議なことに唯一しじみだけが飛び抜けてオルニチンを多く含んでいます。

ただ、ホタテやハマグリにもしじみと同様に、タウリンやアラニン、ビタミンB12、良質なタンパク質が含まれていることで肝臓の機能を助けるためには効果的な食品です。

>>あさりについてはこちら

ホタテに含まれる栄養

ホタテは東洋医学にもよく使われているくらい体にいい食材で、以下の栄養素があることから肝臓にもいいとされています。

  • 肝機能をアップしてくれたり、悪玉コレステールを減らしてくれるタウリン
  • 肝臓を元気にしてくれることで二日酔いにもいいアラニン
  • 肝細胞を修復するために必要な良質なタンパク質

特にホタテのタウリン含有量は貝類の中でもトップクラスで、しじみ100 g中に含まれるタウリンが32 mg、アサリが380 mg、ハマグリが889 mgなのに対し、ホタテには1006 mgも含まれています。

その他にもホタテには、アミノ酸、鉄や亜鉛などのミネラル、ビタミンB2なども含まれています。

ハマグリに含まれる栄養

ハマグリにもオルニチンはほとんど含まれていませんが、ホタテと同様にタウリンやビタミンB12が含まれていたり、他にも亜鉛、カルシウム、鉄分といった栄養素が含まれているため、疲労回復や美肌効果、動脈硬化・貧血予防などのサポートをしてくれます。

オルニチンを摂るには

このように、ホタテやハマグリはタウリンなどの栄養素を補うのには適していますが、肝心のオルニチンを十分に摂ることはできません。

実はしじみを活用したとしてもオルニチンの1日の摂取目安量を補うには1000個以上食べなくてはいけない計算となります。

しっかりとオルニチンを摂るためにはサプリメントの活用をおすすめします。

>>おすすめのオルニチンサプリはこちら

まとめ

ホタテやハマグリにはほとんどオルニチンは含まれていません。しじみは貝類の中でも圧倒的に多くオルニチンを含んでいます。

ホタテやハマグリにはタウリンなどの健康にいい成分が含まれているため、肝臓にもいい食材ですが、オルニチンを摂ることを目的とする場合はサプリメントを使って補っていくようにしましょう。

人気No.1 協和発酵バイオのオルニチン

医療品原料メーカーである協和発酵バイオが開発した、高品質・高含有のオルニチンサプリです。

5年連続売上No.1、利用者数180万人突破の人気サプリで、今なら500円(税込)&送料無料で試すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*