オルニチンで眠気やだるさを改善!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オルニチンには様々な効果が期待されている中、「眠気」を改善するために活用している人も少なくありません。

眠気たるさのせいで仕事が思ったように進まないという悩みも多いと思います。

アミノ酸であるオルニチンは、コーヒーのように瞬間的に眠気が覚めるようなものではありませんが、日頃から摂取していくことで疲労感を軽減することができる可能性があります。

ここでは、そんなオルニチンと眠気の関係についてお話していきます。

オルニチンで眠気が改善?

 ある実験でオルニチンを摂取したグループとプラセボのグループを比較したところ、オルニチンを摂取したグループの方は、眠気とだるさの指標である

  • 眠い
  • 頭がぼんやりする
  • あくびが出る
  • 足がだるい
  • 全身がだるい
  • 頭が重い
  • 日常生活で立っているのが辛い

という項目において改善率が高くなっているという結果が得られました。

(参考:オルニチン研究会、協和発酵バイオ)

オルニチンと眠気の関係

この実験結果からもわかるように、疲労がたまっていて日中眠くなってしまう場合や春特有の眠気やだるさを感じてしまう場合にはオルニチンが役に立つかもしれません。

春は体のリズムが変化することで、眠気やだるさ、うつ気分が強くなってしまう傾向にあり、日中に眠くなったり二度寝してしまいやすくなるのです。

実際に春に眠気やだるさを感じるという人の割合は年代が高くなるにつれて高くなるというオルニチン研究会による調査結果があります。

では、オルニチンが眠気を改善してくれる理由は何なのでしょうか?それにはいくつかの理由が考えられます。

疲労感を軽減

疲労でエネルギーが不足してしまっている場合、それが眠気として現れてしまうことがあります。

特に慢性的な疲労がある人は日中に異常な眠気に襲われることがあります。

オルニチンは疲労回復の効果としても注目されていて、疲労を軽減してくれることで眠気が改善されたと考えられます。

>>オルニチンの疲労改善の効果についてはこちら

睡眠の質を改善

また、オルニチンには疲労回復の効果や精神的なストレスを軽減する効果があることも示唆されていることから、睡眠の質を向上させ、日中の眠気を改善してくれると考えることもできます。

疲れていると寝付きが悪かったり眠りが浅くなってしまうことがあるため注意が必要です。

>>オルニチンと睡眠の関係についてはこちら

肝臓の疲労

実はあまり知られていませんが、眠気は肝臓の疲れが原因となっていることがあります。

肝臓の働きの一つに解毒という作用がありますが、肝臓機能が低下してしまうと有害物質・老廃物がうまく解毒されず、疲れや眠気を感じやすくなってしまいます。

また、肝臓は自律神経とも関係しているため、睡眠の質が低下してしまうことで昼にも眠くなってしまうことも考えられます。

オルニチンはもともと肝臓を健康にしたり、二日酔いを防止するために活用されているものでもあるので、肝臓を元気にしてくれる目的としてもおすすめできます。

オルニチンを摂取するには

オルニチンはカフェインなどのような覚醒作用があるものではないので、日頃から継続的に摂取していくことが望まれます。

しじみに含まれるオルニチンですが、継続的に必要量摂るためにはサプリメントの活用が理想的です。

>>おすすめのオルニチンサプリはこちら

まとめ

オルニチンには、眠気やだるさを改善する働きがあることを示唆する実験結果があります。オルニチンは疲労を回復してくれる効果や睡眠の質を高めてくれる効果、肝臓を元気にしてくれる効果などからこのような結果が得られたと考えられます。

オルニチンは即効性があるような成分ではないので、サプリメントなどで継続的に摂取していくことが大切です。

オルニチンランキング第1位サプリ

オルニパワーZnプラス

ステラ漢方の「オルニパワーZnプラス」は、オルニチンの含有量が業界トップクラスで(800mg)で、さらに

  • 活力をサポートする亜鉛(Zn) 12mg
  • 赤い成分のアスタキサンチン

も配合されています。

期間限定で初回980円(税込)&送料無料で試せる特別キャンペーン中です。

※安心の30日間返金保証も付いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*