オルニチンは腰痛に効く?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
腰痛

腰痛の要因は様々で、一概には言えません。普通よくある腰痛は、姿勢や冷え、筋力・骨の衰えなどが引き金となって痛みを感じてしまいます。

ただ、こうした要因とは関係なく、肝臓が原因で腰が痛く感じてしまうことがあります。これは肝臓など内臓の不調が引き起こしているもので、いわゆるぎっくり腰や椎間板ヘルニア、骨粗鬆症などとは別の話で、最悪の場合は肝硬変や肝臓がんの可能性も考えられ、こうなってしまうとオルニチンでは治すことはできません。

このような状態になってしまわないように、普段から肝臓に負担をかけないようにしたり、オルニチンを活用して肝臓を元気にしてあげることが大切となります。

腰痛の原因

腰痛を引き起こす生活上の要因

腰痛が生活上の要因によって引き起こされることはよくあります。長時間の立ち仕事やデスクワークによる一定の姿勢や冷え、転倒、ストレスなども原因となります。

よくあるのは、腰の筋肉が傷んでしまっていて、この場合は筋肉中のトリガーポイントという痛点があり、点で痛みを感じるケースがよくあります。

肝臓が原因の腰痛

上記のようなケースとは異なり、肝臓などの内蔵が腰痛を引き起こすこともあります。お酒の飲みすぎや偏食などによって肝臓が不調になり、脂肪肝となってしまい、肝臓が肥大することで周辺の組織に痛みを与え、腰痛となってしまうことがあります。

そのため、この場合は点の痛みというよりは、面で痛みを感じることが多くなります。

最悪の場合は、肝硬変症や肝臓がんまで悪化してしまっている可能性もあり、こうなってしまうとオルニチンだけでは治すことはできません。

肝臓の他にも、胆石症や膵炎などで腰が痛くなってしまうこともあります。

腰痛を改善するには

通常の腰痛の場合

通常の腰痛の場合、ストレッチを行ったり、半身浴をして血行を良くしたりすることで改善されることがあります。食事面としてはカルシウムやビタミンD、タンパク質、マグネシウムなどを積極的に摂ることが大切です。

肝臓の不調による腰痛の場合

肝臓による腰痛がある場合は症状がかなり悪い可能性も考えられます。この場合、肌の色が変わってきたり、むくみ、斑点が出てくるといったこともあり、できるだけ早く医師に相談するようにしましょう。

また、市販の腰痛の薬の中には、アセトアミノフェンなど肝臓の調子が良くない場合は避けたほうがいいものもあるので、注意しましょう。

症状が取り返しのつかないところまで悪化してしまわないように、普段からアルコールの摂り過ぎや偏食を避けて肝臓をいたわってあげることや、オルニチンを積極的に摂取することで肝臓を健康に保つことが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか?腰痛の原因は色々と考えられますが、肝臓の不調が原因で腰痛、肩こり、背中の痛みを引き起こしてしまうことがあります。

肝臓は不調でもあまり症状が出にくい臓器でもあるので、症状が最悪の状態になってしまわないように、定期的に検診をしてもらったり、普段からしじみやサプリメントからオルニチンを摂取したりして肝臓をいたわってあげるようにしましょう。

人気No.1 協和発酵バイオのオルニチン

医療品原料メーカーである協和発酵バイオが開発した、高品質・高含有のオルニチンサプリです。

5年連続売上No.1、利用者数180万人突破の人気サプリで、今なら500円(税込)&送料無料で試すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*