オルニチンをチーズから摂取!小岩井大人のチーズがスゴイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
小岩井大人チーズ

肝臓を元気にするためのオルニチンを含む食材はしじみだけではありません。オルニチンを含む食品の一つとしてチーズがあり、チーズは肝臓にいいというだけでなく、おつまみとしてもピッタリなのでお酒のお供としてもオススメです。

さらにオルニチンの成分をよりたっぷり含ませた「小岩井大人のチーズ」という商品もあり、味を楽しみながらオルニチンをしっかりと補うことができます。

チーズは肝臓にいい!?

チーズにはオルニチンを含んでいたり、他にも肝臓にいいとされる栄養素も含んでいます。

中性脂肪を下げてくれる

実はクリームやバターなどの乳製品は動物性脂肪を含むため、中性脂肪として体内に蓄えられ、食べ過ぎは肝臓にはよくないとされています。

チーズの場合ももちろん食べ過ぎはよくありませんが、チーズはコレステロールを吸着してくれる動物性乳酸菌を含み、中性脂肪を下げてくれる効果があるため、肝臓にとっては嬉しい食材です。

脂質

脂質の摂りすぎは健康にもよくありませんが、チーズの脂質は細かい球状で、比較的燃焼されやすいのでダイエット中でも食べられる食材です。

アミノ酸

チーズに含まれるタンパク質は肝機能を向上してくれるオルニチンやメチオニンなどに分解されます。

ただ、チーズに含まれるオルニチンはそこまで多くなく、しじみ100 gに含まれるオルニチン量が10~20 mgであるのに対し、スライスチーズ約5枚分に含まれる遊離オルニチン量は0.8~8.5 mgとされています。

チーズといっても種類がたくさんあるので、少し幅はありますが、1日のオルニチンの目安摂取量が400~1000 mgであることを考慮するとチーズだけではなかなか補えません。

 

その他にも、チーズにはカルシウムやビタミンA、ビタミンB2などの栄養素が含まれていたり、しじみよりもレシピをアレンジしやすいというメリットもあるため、おつまみにも積極的に取り入れたい食材ではあります。

小岩井の大人のチーズ

キリンビールによって開発協力された「小岩井の大人のチーズ」は、一般的なチーズの少ないオルニチン量をカバーして、同時に味も楽しむことができます。

希望小売価格は132円(税別)とリーズナブルな点も評価できます。

オルニチンの量がすごい

一般的なチーズのオルニチンが0.8~8.5 mg/100 gと少ないのに対し、小岩井大人のチーズにはオルニチンが1袋28 g中になんと400 mgも含まれています。

これなら1袋でしじみ900個分のオルニチンを摂ることができ、1日の摂取量をクリアできそうです。

味も楽しめる

味は柚子こしょう味と帆立醤油バター味があり、おつまみだけでなく、手巻きロールにしたり、唐揚げに入れたりとアレンジして楽しむこともできます。

 

オルニチンを含むおつまみとしては他にも商品があったり、オルニチンを含む枝豆などを活用することもできますが、ここまでしっかりと必要摂取量をカバーしてくれるものはなかなかありません。

ただ、さすがに毎日チーズを1袋食べるのは飽きてしまうと思うので、そんなときはサプリメントを併用して効率的に補っていくのがオススメです。

>>おすすめのオルニチンサプリはこちら

まとめ

疲労回復や美肌に効果的なオルニチンですが、肝臓へのダメージを減らすためにお酒を飲む時にも積極的に摂りたい成分です。そんなときはおつまみとしてもピッタリなチーズがオススメで、オルニチンの必要量をしっかりと摂取するためには、小岩井の大人のチーズやサプリメントを活用する方が一般的なチーズよりもはるかに効率的です。

人気No.1 協和発酵バイオのオルニチン

医療品原料メーカーである協和発酵バイオが開発した、高品質・高含有のオルニチンサプリです。

5年連続売上No.1、利用者数180万人突破の人気サプリで、今なら500円(税込)&送料無料で試すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*