オルニチンで寝汗が改善!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
寝汗

もともと寝るときに汗をかいてしまうのは人間にとっては自然なことですが、なぜか大量に寝汗をかいてしまうという時には体の不調のサインかもしれません。寝汗がひどくなると、睡眠が邪魔されてしまったり、体の乾燥や体臭の原因にもなってしまいます。

寝汗の原因は一つではありませんが、肝臓の不調によって寝汗がひどくなってしまうことが考えられます。

そんな寝汗に良い食べ物として、なんと江戸時代から使われてきたのがしじみで、しじみは肝臓にいい食材として有名です。このしじみに含まれているオルニチンという成分を摂ることによって、悩まされていた寝汗が改善されたという声もあるのです。

寝汗は肝臓の不調から?

寝汗をかくことは生理現象でもあり、普通寝ているあいだにコップ1杯分の汗をかくと言われています。しかし、熱帯夜でもないのに服や布団が濡れてしまう程汗をかいてしまうという時は体の不調のサインかもしれません。ひどい場合には寝汗で目が覚めてしまうこともあります。

その中でも特に肝臓が関係していることがあります。

アルコールが原因となる場合

お酒を飲んでから寝た時に寝汗をたくさんかいてしまったという経験がある方も多いと思います。肝臓が分解されたアルコールを体の外へ排出しようとするときに、大量の汗をかいてしまうのです。

寝る直前にアルコールを摂るのは睡眠の質を低下させてしまったり、肝臓へ負担をかけてしまうことにもなるので、できるだけ避けるようにしましょう。

肝機能の低下

お酒を飲んでもないのに寝汗をかいてしまうという場合には肝機能が低下している可能性が考えられます。状態が悪いと脂肪肝になってしまっていることもあります。

肝機能が低下すると、ストレスや疲れを感じやすくなり、自律神経も乱れてしまいます。そうなると交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり、体温調節がうまくできなくなってしまうことで寝汗をかいてしまいます。

さらにこのときの汗はアンモニアの臭いを伴ってしまうこともあります。

肝機能をアップさせて寝汗を改善

弱っている肝臓を元気にしてあげることで寝汗が改善されることがあります。江戸時代からオルニチンを含むしじみが寝汗に良いと知られていたとは、先人たちの知恵には驚かされます。

肝臓に負担をかけない

まずは肝臓に負担をかけないようにすることが大切で、睡眠時間が短かったり不規則な生活習慣を送ることやお酒の飲みすぎや脂肪・タンパク質の摂りすぎは肝機能を低下させてしまう可能性があるのでNGです。

オルニチンで肝臓を元気にする

肝臓にいい成分として注目されているオルニチンを積極的に摂るようにしましょう。しじみやきのこなどの食材からも摂ることができますが、オルニチンサプリメントを活用することで圧倒的に効率よく摂取することができます。

>>おすすめのオルニチンサプリはこちら

それでも治らない場合は

それでもなかなか改善が見られない場合は一度専門医に相談することをおすすめします。寝汗の原因は他にも、甲状腺の病気や結核、白血病などの可能性もゼロではありません。また、女性の場合は、生理前の月経前症候群や更年期障害が関係していることもあります。

まとめ

以上が肝臓と寝汗の関係となります。寝汗が普通より多く出てしまうという場合には肝臓の不調が原因となっているかもしれません。まずは肝臓に負担をかけないように意識し、アミノ酸の一種であるオルニチンを摂取していくことで肝臓を元気にしていきましょう。

それでも改善が見られない場合には一度病院を受診してみることをおすすめします。

人気No.1 協和発酵バイオのオルニチン

医療品原料メーカーである協和発酵バイオが開発した、高品質・高含有のオルニチンサプリです。

5年連続売上No.1、利用者数180万人突破の人気サプリで、今なら500円(税込)&送料無料で試すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*