オルニチンでむくみを解消!?しじみのすごい力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
むくみ

足がむくんでしまって靴がきつくなってしまう、朝起きると顔がむくんでしまう、といった悩みを持つ女性も多いと思います。むくみ体の不調のサインであったり、放っておくとたるみにつながってしまうためやっかいな存在です。

さらに、肝臓の不調や病気が原因でむくんでしまうということもあります。これは女性だけでなく男性でも油断はできません。

実は昔から肝臓に効果的なオルニチンという成分を含むしじみにはむくみ改善の効果があるとしてよく使われてきました。

そんなオルニチンの効果や考えられる病気などを解説していきます。

むくみは肝臓の不調から?

オルニチンが豊富に含まれるしじみが昔からむくみや寝汗に効く薬として使われてきました。それはオルニチンが肝臓を元気にしてくれる効果があることからきていると考えられます。

一時的なむくみの場合

むくみといっても原因は色々と考えられ、例えば血行不良が原因の冷え性の場合、下半身の血流が悪くなることでむくみを引き起こしてしまいます。

その他にも、姿勢からくるむくみや運動不足、塩分の摂り過ぎなどがむくみの原因となってしまいます。

病気の可能性がある場合

一時的なむくみではなく、慢性的なむくみに悩まされているという場合は、肝臓の状態が悪い可能性も考えられます。肝臓の調子が悪くなってしまうと、アルブミンという血管に水分をとどめたり、染み出したりといった浸透圧を調整する成分がうまくつくられなくなってしまいます。その結果むくみを引き起こしてしまいます。

そのため、肝臓や腎臓に不調があったり、他にも心臓障害や血管の病気が原因でむくみが出てしまうことがあります。

むくみを改善するには

一時的なむくみの改善

むくみ改善の方法としてはストレッチやマッサージを行うことが主流で、血行を促進することが大切です。また、塩分の摂りすぎが原因のむくみの場合は、塩分を控えめにしたり、カリウムを積極的に摂ることで改善することができます。

また、しじみに含まれるオルニチンを十分に摂ることによって、肝臓を元気にすることができ、血流をスムーズにできたり、オルニチンが体内で変化したシトルリンという成分が一酸化窒素を生成し、血管を拡張することで、血流を良くしてくれる効果が期待できます。

なかなか改善されない場合は

なかなか改善されない慢性的なむくみの場合は、肝臓の機能の低下による肝性浮腫といわれる状態の可能性も考えられます。むくみが長引いたりする場合は、医師に相談して採血検査などで検査してもらうようにしましょう。

まとめ

以上がむくみの原因と対策となります。昔からむくみに効くと伝えられているしじみを積極的に摂ることで肝臓を回復でき、血流をスムーズにすることができる可能性があります。オルニチンは、しじみでなくてもサプリメントで効率的に摂取することができます。

また、なかなか改善されない場合は病気が原因となっている可能性もゼロではないので一度検査してもらうことをおすすめします。

人気No.1 協和発酵バイオのオルニチン

医療品原料メーカーである協和発酵バイオが開発した、高品質・高含有のオルニチンサプリです。

5年連続売上No.1、利用者数180万人突破の人気サプリで、今なら500円(税込)&送料無料で試すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*