オルニチンで目の疲れを解消!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
目の疲れ

パソコンやスマートフォンを使う機会が増えてきたため、目の疲れが気になってしまうという人もかなり多いのではないでしょうか。実は目の疲れは肩こりや頭痛など体の不調を起こしてしまうことにもつながってしまいます。

目を疲れさせないためには、目を適度に休ませたり、目のストレッチを行うことが大切ですが、中医学の考え方では、眼精疲労は肝臓と関係しているとされています。

目の疲れがなかなか取れないという場合は肝臓が弱ってしまっているかもしれません。肝臓を元気にするには、しじみに含まれるオルニチンやタウリンを摂ることが大切です。

目の疲れと肝臓の関係とは!?

目の疲れ、目の充血の直接的な原因は、目を酷使することで目の周りの筋肉が凝り固まって、血流が悪くなってしまうことです。

ただ、漢方では目は肝臓と関係しているとされていて、実際に肝硬変という肝臓の病気になると目の色が黄色くなる場合があり、肝臓の状態は目に現れると考えられているのです。

お酒の飲み過ぎや栄養バランスの偏りなど、何かしらの原因で肝臓が不調になると、全身にうまく血液を循環させることができなくなり、結果として目に運ばれる血液も滞ってしまうため目が疲れてしまうのです。

なので、

  • 目がすぐに疲れてしまう
  • 目がショボショボする
  • 目の疲れがなかなか取れない
  • 視界がボヤけてしまう
  • 白目が濁ってしまう

という場合には肝臓が弱っている可能性が考えられます。

目の疲れを解消するには

目のストレッチ

目をギュッと閉じてからパッと開く動きや目をぐるぐると回す動きなどをして目のストレッチを行いましょう。この動きによって目の周りの筋肉の凝りをほぐすことができます。

長時間のデスクワークを行っているというときはたまには遠くを眺めるように心がけましょう。

目を温める

よく薬局などに行くと目を温めるためのアイマスクを売っていますよね。そういったアイマスクや蒸しタオルを使って目を温めて血行をよくしてあげることで目の疲れは少しはましになります。

休憩中に10分程度でも行うと気持ちもリラックスできるのでオススメです。

ツボマッサージ

目の周りの骨の部分やこめかみの部分を指で押してあげるとツボマッサージになります。ツボマッサージは眼球を押したり、力を入れすぎないように注意しましょう。

肝臓を回復するための栄養素

目の疲れは肝臓と関係しているということで、肝臓を元気にしてあげることがカギとなります。肝臓にいい成分としてはしじみに含まれるオルニチンやタウリンがあり、サプリメントを活用することで効率的に摂取することができます。

>>目の疲れにおすすめのサプリはこちら

他にも、目にいい成分として有名なアントシアニンを含むブルーベリーや目にいいビタミンAを豊富に含むモロヘイヤ、血流をよくするためのシナモンや漢方も目の疲れには効果的で、不足すると目が疲れやすくなってしまうビタミンB1も合わせて摂っていきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?目の疲れには実は肝臓が関係しているということは意外と知られていません。目の疲れは放っておくと体に悪い影響を与えてしまう可能性もあるので、まずは肝臓を回復するための栄養をしっかりと摂り、バランスのいい食事や睡眠不足にならないような生活習慣を心がけることでつらい目の疲れを解消していきましょう。

オルニチンランキング第1位サプリ

オルニパワーZnプラス

ステラ漢方の「オルニパワーZnプラス」は、オルニチンの含有量が業界トップクラスで(800mg)で、さらに

  • 活力をサポートする亜鉛(Zn) 12mg
  • 赤い成分のアスタキサンチン

も配合されています。

期間限定で初回980円(税込)&送料無料で試せる特別キャンペーン中です。

※安心の30日間返金保証も付いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*