オルニチンが風邪予防に効く?肝臓を回復して免疫力アップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
風邪予防

疲れているせいなのか?年齢のせいなのか?なぜか最近免疫力が下がってしまい、風邪をひきやすくなってしまった、と感じている人も多いのではないでしょうか。実は人間は20歳をピーク免疫力が下がっていくと言われています。

免疫力を上げて風邪をひきにくくするための要因はたくさんありますが、その中でも肝臓は重要で、肝臓はさまざまな働きをするところですが、免疫力を司っている場所でもあります。しじみなどに含まれるオルニチンを摂取することで肝臓を元気にし、風邪のひきにくい体に改善していきましょう。

肝臓と免疫の関係とは

疲労が免疫力の低下に

肝機能の低下は疲労を引き起こす原因となってしまいます。精神的・肉体的なストレスなど疲労が続くと、自律神経が乱れホルモンバランスや免疫のバランスが崩れてしまうことで免疫力が低下してしまいます。

慢性的な疲労を改善するためには、まずは肝臓の疲労を改善するためにオルニチンを積極的に摂ることをオススメします。

肝臓は解毒作用の働きも

肝臓の主要な働きの一つに解毒作用があります。この解毒作用はお酒を飲んだときや体内でつくられた有害物質を無害化してくれる働きだけでなく、病原体を処理してくれる機能も備えています。

もう少し専門的にお話しすると、マクロファージの一種であるクッパー細胞という細胞が異物を処理してくれたり、NK(ナチュラルキラー)細胞がウイルス感染細胞や老化細胞を処理してくれたりします。

また、肝臓でつくられる胆汁には強い殺菌力があり、細菌やウイルスを殺菌してくれます。

感染

肝機能を高めるための方法

このように、肝臓は免疫のためにこれだけ素晴らしい仕事をしてくれます。しかし、肝臓が弱ってしまうと免疫力が低下してしまい、風邪をひきやすくなったり、風邪が長引いてしまいます。また、免疫力が下がることで風邪だけでなく、様々な病気を招いてしうことにもなりかねません。

まずは食生活などを見直すことも大切です。

まずは食生活を改善!

もちろん暴飲暴食がNGというのは言うまでもありませんが、食べ過ぎ飲みすぎは肝臓の機能を低下させてしまい、状況が悪いと脂肪肝になり、肝臓が正常に機能しなくなってしまうことも考えられます。

また、アルコールも肝臓にとっては悪影響になる事があり、お酒の量を減らしたり、いわゆる休肝日をつくってあげることも必要です。

オルニチンで肝臓を回復!

そして、肝臓を元気にしてくれる働きがあるとして有名な成分がアミノ酸の一種であるオルニチンです。肝臓にいい成分として他にもタウリンなどがあり、オルニチンやタウリンを含むしじみを積極的に摂ることが効果的です。ただ、しじみだけだと、十分なオルニチンを摂るのはなかなか難しいので、オルニチンの成分を凝縮したサプリメントを活用して毎日効率的に摂るようにするといいでしょう。

>>おすすめのオルニチンサプリはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか?肝臓と免疫には実は深い関係があって、最近風邪をひきやすくなった、風邪で何日も寝込んでしまうという場合にはもしかしたら肝機能が低下してしまっているかもしれません。

もちろん、オルニチンサプリは薬ではないので、飲むことによって風邪が完治するというものではなく、すべての風邪を予防できるというものでもありませんが、風邪対策だけでなく、今後健康で病気になりにくい体にしていくには、食生活の改善や肝臓にいいオルニチンなどの成分を摂ることで肝機能を高めていくことが重要です。

オルニチンランキング第1位サプリ

オルニパワーZnプラス

ステラ漢方の「オルニパワーZnプラス」は、オルニチンの含有量が業界トップクラスで(800mg)で、さらに

  • 活力をサポートする亜鉛(Zn) 12mg
  • 赤い成分のアスタキサンチン

も配合されています。

期間限定で初回980円(税込)&送料無料で試せる特別キャンペーン中です。

※安心の30日間返金保証も付いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*